コミュニティ・スクール導入等促進事業について

 今年度、輪之内町では、文部科学省「学校を核とした地域力強化プラン」の1つである
 学校・家庭・地域連携協力推進事業
を進めます。
 そのために、輪之内町コミュニティ・スクール推進協議会(以下「推進協議会」という。を設置します。
 平成29年度には、大藪小学校において、大藪小学校コミュニティ・スクール推進委員を立ち上げ準備をし、平成30年4月25日に、大藪小学校運営協議会が発足し、コミュニティ・スクールの導入を図ることができました。今後は、「地域とともにある学校」を目指して取組を推進していくこととなります。
 他の学校においても同じように、来年度からコミュニティ・スクールとしてスタートできるように、推進協議会を中心に準備をしていきます。

【事業の目的】
 学校運営協議会を設置し、学校と地域住民が協働して学校の運営について協議をし、学校教育の充実及び地域の教育力の向上を目指していくことができるようにするため、子どもたちの学習環境や生育環境をよりよくしていくためには、どのような組織作り、どのような計画のもと進めていくことが効果的であるのかを、先進的に取り組んでいる自治体の例を参考にしながら、導入に向けて検証していく。

【輪之内町教育委員会としての推進方策と今後の展望】
 今年度導入実施した大藪小学校の成果・課題を踏まえ、平成31年度までに町内全校に、コミュニティ・スクールを導入する。
 ●輪之内町立学校における学校運営協議会設置等に関する規則

輪之内町コミュニティ・スクール推進協議会の役割等について

コミュニティ・スクールの意識調査・分析を行い、学校運営協議会の在り方について検討する。
コミュニティ・スクールや学校運営協議会制度の趣旨等の理解を深めるため、保護者や地域住民を対象とした制度説明会を開催する。
コミュニティ・スクールを先進的に推進している自治体や学校を視察して、学校運営協議会の設置や取組などについて示唆を受ける。
既存の組織や人材を活用したり、新たな組織を活用したりして学校支援活動の充実を図れるようにするための方策を考える。
 ●輪之内町コミュニティ・スクール推進協議会規約

輪之内版コミュニティ・スクールのイメージ

 ●輪之内町版コミュニティ・スクールのイメージ
 ●輪之内町コミュニティ・スクール広報チラシ

【サブメニュー】