(輪之内中学校)

学校生活

行事を中心として、学校生活のようすを紹介します。

3年生 租税教室 H28.2.2
 大垣税理士会より講師をお招きし、3年生を対象に租税教室を行いました。村田明優税理士事務所の村田様、清水裕雅税理士事務所の清水様から、社会科の学習の発展的な内容として、税金の種類や納税の仕組み、納税の意義について授業をしていただきました。
 日本の財政状況は、社会保障関係費を中心に歳出額がますます増大する一方で、少子化や不況の影響で税金収入の割合は歳入の約半分です。こうした中で、納税者である私たちは、きちんと税金を納めることが大切になってきます。税収を増やすために、国民全体で広く負担する消費税を上げ、社会保障の財源ために使うよう考えられています。
 授業では、消費税の仕組みについて詳しく解説していただきました。また、法人税や所得税を払う仕組みについては、累進課税により所得に応じて税率が変わる仕組みであることを教えていただきました。多額の赤字国債や少子高齢社会への対応など、国のこれからを支えるために税金はどうあるべきかを考えることができました。

ページの先頭へ戻る