輪之内町立大藪小学校 本文へジャンプ
研究推進

研究主題

確かな考えをもち,仲間と共に追究し、わかる喜びを味わえる子の育成
〜どの子も確かな学力が定着するような学習活動を通して〜

 本校は、学校の教育目標「よく考え励まし合ってやりぬく子」の具現をめざす指導に努めている。昨年度は「課題をもち、仲間と共に追究する子の育成〜自分の考えをもち、筋道立てて表現する授業づくりを通して〜」を研究主題とし、算数科で単元を通して身に付けさせたい力を明確にして、自分の考えをもち、筋道立てて表現する指導のあり方に焦点をあて、研究を進めてきた。算数的活動の内容を単元指導計画に意図的に位置付けたことで、個人追究の場で根拠が明確になり自分の考えに自信がもてるようになってきた。ペア・全体交流のときには、話型を使って筋道立てた説明ができ、仲間と共によりよい考えを追究できるようになってきた。また、ふり返る段階では、自分の習熟を確かめるための評価問題や自己評価を位置付けたことで自分の習熟を確かめ、課題解決ができた喜びを味わったりできるようになってきた。しかし、仲間と共により深いところまで話し合い、追究していく力に弱さがみられることや獲得した考え方を自分の言葉で説明したり、問題を自力解決したりすることができていない児童がいることがわかってきた。曖昧な部分を残したまま次時の学習に進んでしまうことが原因で、本時身に付けたい力が確実に身に付いていない児童がみられることも明らかになってきた。昨年度の学力・学習状況調査では、算数の学習に意欲的で、算数の学び方もほぼ定着してきたものの、算数の基本的な知識・技能を確実に身につけ、それを活用して問題を解決する力が十分とはいえない。
 そこで、本年度も、算数科の学習を核にして、研究を進めていくなかで、どの子にも確かな力を身に付けさせていきたいという願いから、どの子も確かな学力が定着するような指導の工夫に重点を置きたい。基礎的・基本的な知識・技能を身につけ、意欲的に表現したり、仲間と共に追究して培った考えを自分の言葉で自信をもって説明して確かなものにしたりすることで、わかる喜びを味わうことのできる児童を育てたいと考え、本主題を設定した。
 これらのことが、確かな考えをもち、仲間と共によりよい考えを追究する子を育成することになり、輪之内町の学校教育指導の方針と重点の実現や「生きる力」の育成につながるものと考える。
研究内容
  1. 単元指導計画の工夫
  2. 表現力を高めるための指導の工夫
  3. 評価の工夫

[仮説]
 既習内容の系統と学習内容との関連を明確にした指導計画を作成し、個に応じた具体的な指導・援助の在り方の開発を行うことともに、習熟別の練習問題の工夫をすれば、どの子も基礎的・基本的な知識・技能が定着し、わかる喜びを味わうことができるであろう。

1.単元指導計画の工夫
  • 単元を構造的にとらえた指導計画の作成
  • 単元を見通した算数的活動の位置づけ
2.表現力を高めるための指導の工夫
  • 言葉、図、式等で考える「ひとり学び」
  • 個に応じた具体的な指導・援助
     (既習内容の掲示物・ヒントカード)
  • 焦点化した全体交流
     (意図的指名・抽出児)
  • 発達段階に応じた算数のキーワードを活用しての話型指導
3.評価の工夫
  • 発表の内容・仕方のよさを広める価値づけ
  • 効率的な習熟別練習問題
  • 自己の高まりを実感する振り返り
研究構想 2012 研究構想 2011 研究構想 2010 研究構想 2009 研究構想 2008