情報研修室

情報研修室のページへようこそ ! 左のメニューをクリックしてください。


<輪之内町の情報教育推進の特色>

@情報研修室の設置と
  専任指導主事の配置
 昭和63年度に、全国に先駆けてコンピュータを導入し、平成2年度から本格的に情報教育をスタートさせました。
 児童生徒のスキルアップ、教職員のリテラシー、情報機器環境整備を目的とし、町教育委員会に「情報研修室」を設け、「情報教育専任指導主事」を置き、町情報教育の推進を進めています。
A各小中学校における
  j情報教育主任の位置づけ
 各学校で授業、児童会・生徒会でコンピュータを活用しています。
 各学校での情報教育の推進役として、「情報教育主任」が位置づけられています。活用状況を調査、交流しながら、町全体で情報活用能力を育成していこうとしています。
 同時に各学校のHPの更新を担当しています。
B予算の重点化  最新の情報機器等の導入等、積極的な情報教育環境への整備に力を入れています。国の示す目標値を現在ほぼ達成している。
C小中一環した情報教育  小中一貫した情報教育を進め、スキルアップや情報活用能力の育成を成長段階にあわせて計画的に進めている。(情報活用能力段階表を作成しています。)
 未来に活躍する子どもたちを育てようとしています。

リンク

たんぽぽNet

輪之内町教育委員会

輪之内町