沿革概要

明治 6年 4月 南波村専徳寺を仮校舎とし,謹節小学校を創設する。福束・南波・本戸・里4ヶ村の児童を収容する。
明治 8年 民家を借用して塩喰小学校を創設する。
明治23年10月 小学校令改正により福束小学校と改称する。
明治28年 5月 塩喰尋常小学校と改称する。
明治30年11月 塩喰尋常小学校児童を編入する。
明治33年 8月 改正小学校令により福束村立尋常小学校と改称する。
明治45年 4月 高等科を新設し,中郷児童を編入する。
昭和16年 4月 国民学校令により福束国民学校と改称する。
昭和22年 4月 学校教育法施行により福束村立福束小学校と改称する。
昭和29年 4月 町村合併により輪之内町立福束小学校と改称する。
昭和46年 2月 音楽教育研究指定発表(県教委指定44〜45年度)をする。
昭和49年 3月 百周年記念式典を行う。
昭和55年11月 道徳教育研究発表(文部省発表54〜55年度)をする。
平成 2年 2月 パーソナルコンピュータ47台導入し,情報教育の研究を始める。
平成 9年11月 全国視聴覚教育研究会輪之内大会を開催する。
平成12年10月 個性化教育実践推進事業公表会(県教委指定11〜12年度)をする。
平成16年 4月 特殊学級を新設する。
平成19年10月 輪之内町教育研究発表会(国語科)を行う。
平成20年12月 道徳教育計画訪問で道徳授業の公開をする。
平成21年10月 西濃地区生徒指導連携協議会の会場校となり授業を公開する。
平成22年 3月 西濃地区学校図書館教育賞優秀賞を受賞する。
平成22年 4月 肢体不自由学級としてひまわり学級を開設する。
平成23年 3月 西濃地区学校図書館教育賞最優秀賞を受賞する。
平成23年10月 文部科学省教科調査官水戸部修治先生の指導を受け、「言語力の育成」について町教育研究会を開催する。
平成25年 1月 公益財団法人岐阜県教育振興会より教育研究奨励金(10万円)を受ける。
平成25年 3月 知的学級たんぽぽ学級を休級する。
平成25年 4月 情緒学級としておひさま学級を新設する。
平成25年 5月 子ども読書活動優秀実践校として文部科学大臣より表彰される。
平成27年 3月 西濃地区学校図書館教育奨励賞を受賞する。